Top > システム辞書 > yaya_optional.dic
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

yaya_optional.dic は、以下の関数を有します。


SHIORI3FW.EscapeDangerousTags

機能

  • 文字列中に含まれる「危険な」さくらスクリプトタグを無効化(エスケープ)します。
  • 「危険」とみなすタグは現在のところ以下の通りです。
    • \![]内の以下の文字列を含むタグ。
      updatebymyself/vanishbymyself/enter,passivemode/leave,passivemode/lock,repaint/unlock,repaint /biff/open,browser/open,mailer/raise
    • \j[] タグ。

形式

SHIORI3FW.EscapeDangerousTags( script )

引数

script
無効化したい文字列

返り値

  • 無効化された文字列


SHIORI3FW.EscapeAllTags

機能

  • 文字列中に含まれる「全ての」さくらスクリプトタグをエスケープします。
  • \ で始まるものは何であれエスケープされます。

形式

SHIORI3FW.EscapeAllTags( script )

引数

script
エスケープしたい文字列

返り値

  • エスケープされた文字列


SHIORI3FW.IsGhostExist

機能

  • 指定された名前(\0名)のゴーストが現在起動しているかを、FMOを用いて調べます。
  • FMOを用いるため、この関数を呼んだ瞬間の情報を取得できます。
  • 内部でSHIORI3FW.RefreshFMOTableを呼びます。

形式

SHIORI3FW.IsGhostExist( name [ , fmoname ] )

引数

name
ゴースト名
fmoname
調べるFMO名(省略可能。省略すると Sakura になります。普通は省略して構いません)

返り値

  • そのゴーストが起動していれば、1
  • そのゴーストが起動していなければ、0


SHIORI3FW.RefreshFMOTable

機能

  • READFMO 関数を用いて、FMOを処理しやすい文字列配列として構築します。
  • FMOには、「現在起動中の」ゴーストに関する情報が含まれています。
  • そのため、本関数を利用して、現在起動中のゴーストの情報をリアルタイムで取得可能です。

形式

SHIORI3FW.RefreshFMOTable( [ fmoname [ , hwnd ] ] )

引数

fmoname
読み込むFMO名。(省略可能。省略すると Sakura になります。普通は省略して構いません)
hwnd
無視するゴーストのウィンドウハンドル。(省略可能。省略すると sakurahwnd 変数の値が利用されます。普通は省略して構いません)

返り値

  • 返り値はありませんが、以下のグローバル変数が構築されます。
  • 構築されたグローバル変数はSHIORI終了時に自動的に消去されます。

SHIORI3FW.FMOTable

  • 形式:簡易配列。カンマと|で区切られる。
  • SSPでは全ての項目が埋まりますが、ベースウェアによっては存在しない(空の)項目もあります。また、Windows以外のOSでは利用できません。
id|name|keroname|hwnd|kerohwnd|path|ghostpath,
id|name|keroname|hwnd|kerohwnd|path|ghostpath,
...
  • 各項目の意味は以下の通り。
項目意味
idゴーストを現すid。通常は知っても意味の無い文字列です。
name\0名。
keroname\1名。
hwnd\0のウィンドウハンドル。
kerohwnd\1のウィンドウハンドル。
pathゴーストのインストール先ディレクトリ(通常はSSP.exeのある位置ですが、SSPは複数のゴーストインストール先を持てます)
ghostpathゴーストのベースディレクトリ。install.txtやthumbnail.pngがある場所です。

SHIORI3FW.SakuraNameList

  • 形式:汎用配列。上記から\0名だけを抜き出した配列です。
  • 例えば ANY(SHIORI3FW.SakuraNameList) とすることにより、簡単に起動中のゴーストからランダムに1体選んで名前を取得、等が可能です。

備考

  • 通常は自分自身の情報は(hwndにsakurahwndが指定されるため)上記変数に含まれません。自分自身を含みたい場合は、hwndに-1等を入れてください。


関連ページ