Top > マニュアル > 関数 > ASORT
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

ASORT

形式

ASORT( option , array )

機能

  • 汎用配列の中のデータを指定の順番に並べ替えます。

引数

option
並べ替えオプション(文字列)。後述。
array
汎用配列(簡易配列は不可)。

optionについて

比較タイプ

string
データをすべて文字列として扱い、文字コード順に並べます [指定なしの場合これが標準]
int
データをすべて整数として扱い、数字の大きさ順に並べます
double
データをすべて自然数として扱い、数字の大きさ順に並べます
length
string指定と一緒に使い、文字の内容ではなくて、文字の長さを対象として並べます

順序

ascending
データを昇順(1,2,3...)に並べます [指定なしの場合これが標準]
descending
データを降順(...3,2,1)に並べます

返り値形式

index
ソートした結果の配列そのものではなく、「ソート後は順番にソート前配列の何番目になるか」の配列を返します。
たとえば、'Z','G','A'を文字列昇順ソートすると、順番はA,G,Zになるべきなので、整数型の配列2,1,0が返ります。

以上、3種類の指定について、カンマ区切りで並べます。詳しくは例を見て下さい。

返り値

  • 並べ替えが完了した汎用配列です。
  • エラー時や元々空の汎用配列が渡された場合、空の汎用配列になります。

関連

バージョン

  • YAYA:Tc540-1
  • indexオプションは、Tc545-1から

_array = ('BBBB','CCC','AA') // 汎用配列を代入
ASORT('string,ascending', _array) // 「AA,BBBB,CCC」が出力される
ASORT('string,descending,length', _array) // 「BBBB,CCC,AA」が出力される