Top > マニュアル > 関数 > CHR
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

CHR

形式

CHR( val [, val ... ] )

機能

  • UCS-2コードを引数(数値)で指定すると、それに対応した1文字を文字列で返します。
  • 複数の数値も指定でき、その場合は指定した引数分の長さを持つ文字列を返します。
    • つまり汎用配列を渡せば文字列を返すということです。
  • UCS-2コードは、ASCII文字(1バイト文字、英数字)の範囲ではASCIIコードと互換性があります。

引数

val
変換したいUCS-2コード(数値)

返り値

  • 成功した場合、変換後の文字もしくは文字列
  • エラーの場合、何も返しません(VOID)

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
  • AYA5.8で利用可能

CHR(65) // 文字列「A」を出力
CHR(20282) // 文字列「伺」を出力