Top > マニュアル > 関数 > ERASEVAR
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

ERASEVAR

形式

ERASEVAR( name [ , name ... ] )

機能

  • 変数を消去します。

引数

name
消去したい変数名を文字列で指定。複数指定可能。

返り値

  • 返り値はありません(VOID)

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
    • TC532-1から複数一括指定可能に
  • AYA5.8で利用可能

セーブデータに残す必要の無いグローバル変数の消去などに用いることができます。

//変数 i を消去したい場合
ERASEVAR(i)//間違い
ERASEVAR("i")//こちらが正しい
ERASEVAR("i","j","k")//複数指定も可能