Top > マニュアル > 関数 > EXECUTE
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

EXECUTE

形式

EXECUTE( path [ , option ] )

機能

  • 指定したコマンド文字列をコマンドプロセッサに引き渡します。
  • 要するに、他アプリケーションやファイルの起動用です。
  • C言語を知る方なら、system関数の改良版と考えると良いでしょう。
  • アプリケーションの終了待ちをしません。

失敗した場合は-1が返されます。

引数

path
開く対象のファイル/アプリケーション名です。他の関数と異なり、システムの実行部分に直接引き渡されますので、相対パスは使えないと考えたほうが良いでしょう。
option
アプリケーションに渡される引数です。ブラウザでURLを開きたい、別のソフトでファイルを開きたい、などの場合に使用します(省略可)。

返り値

  • 成功した場合、0以上の整数(OS依存となります)
  • 失敗した場合、-1

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能

_val = EXECUTE('IEXPLORE.EXE','http://www.yahoo.co.jp/')

インターネットエクスプローラで、YAHOO!のホームページを開きます。