Top > マニュアル > 関数 > FLOOR
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

FLOOR

形式

FLOOR( val )

機能

  • 実数の小数点以下を切り捨てます。
  • C言語のfloor()と同じく、「引数以下の整数の中で最大の整数」なので、負の値を扱う時は注意して下さい。

引数

val
切り捨てたい実数。

返り値

  • 成功した場合、切り捨て後の実数
  • 失敗した場合、0.0

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
  • AYA5.8で利用可能

_val = 1.75 // 正の実数を代入
FLOOR( _val ) // 実数「1.000000」が出力される

_val = -1.75 // 負の実数を代入
FLOOR( _val ) // 実数「-2.000000」が出力される ※-1.000000 ではない!