Top > マニュアル > 関数 > FOPEN
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

FOPEN

形式

FOPEN( path , option )

機能

  • ファイルをオープンします。
    • ファイルへの読み書きを行う前に、FOPENでファイルをオープンする必要があります。
    • テキストアクセスを行う際は、FOPENの前にFCHARSETを実行することで文字コードを変更できます。

引数

path
ファイル名。フルパス指定可能。相対パスの場合はDLL loadで渡された位置が基準となります。
option
ファイルをどのように開くかを指定します。以下の「モード」または「別名」の文字列を指定します。
  • 要するにC言語のfopenと一緒です。
    • YAYA内の実装もC言語のfopenです。
  • テキストアクセスの場合、0x0d-0x0aの並び(CR-LF)は読み込み前に単一の0x0aに変換されます。逆に、書き込み時は 0x0a が 0x0d-0x0a に変換されます。また、0x1a は EOF として特別な意味を持ちます。
  • ランダムアクセスの際、ファイルの読み込み位置の指定はFSEEKで可能。位置取得はFTELLで行う。

テキストアクセス

モード別名動作ファイルがあるときファイルがないとき
"r""read"テキスト読み出し正常エラー
"w""write"テキスト書き込みサイズを 0 にする(上書き)新規作成
"a""append"テキスト追加書き込み最後に追加する新規作成

バイナリアクセス

モード別名動作ファイルがあるときファイルがないとき
"rb""read_binary"バイナリ読み出し正常エラー
"wb""write_binary"バイナリ書き込みサイズを 0 にする(上書き)新規作成
"ab""write_binary_append"バイナリ追加書き込み最後に追加する新規作成

ランダムアクセス

モード別名動作ファイルがあるときファイルがないとき
"r+""read_random"テキスト読み書き正常エラー
"w+""write_random"テキスト読み書きサイズを 0 にする(上書き)新規作成
"a+""append_random"テキスト読み書き最後に追加する新規作成
"rb+""read_binary_random"バイナリ読み書き正常エラー
"wb+""write_binary_random"バイナリ読み書きサイズを 0 にする(上書き)新規作成
"ab+""append_binary_random"バイナリ読み書き最後に追加する新規作成

返り値

  • 成功した場合、1
  • 失敗した場合、0
  • 既にオープンしている場合、2

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
    • バイナリアクセス、ランダムアクセス:TC529-2
  • AYA5.8で利用可能(テキストアクセスのみ)

  • NOWPRINTING
  • 誰か記載してください!