Top > マニュアル > 関数 > GETTIME
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

GETTIME

形式

GETTIME( [ sec ] )

機能

  • 現在の日時情報を取得します。
  • C言語に慣れた方向け:要するにlocaltime関数です。

引数

sec
EPOCH(万国標準時で1970/1/1 00:00:00)からの経過秒数を整数で指定します。(省略可)。省略した場合、現在時刻となります。

返り値

  • 以下の構成の汎用配列
(西暦年,月,日,曜日,時,分,秒,年初めからの日数,夏時間か否か[0=false/1=true])
0:西暦年
1:月
2:日
3:曜日:0~6で、0が日曜日
4:時
5:分
6:秒
7:年初めからの日数
8:夏時間か否か:0=ふつう/1=夏時間

関連

バージョン

  • YAYA Tc542-1 : 年初めからの日数と、夏時間フラグを追加
  • YAYA:初期から利用可能
  • AYA5.8で利用可能(引数無しの利用法のみ)

現在時刻のsecはGETSECCOUNT関数で取得できます。 これを活用すると、「今現在から○×後/前の時刻」を手軽に計算できます。

//10日後は何月何日?
_array = GETTIME()
"今は%(_array[0])年%(_array[1])月%(_array[2])日 %(_array[4])時%(_array[5])分%(_array[6])秒/"
--
_array = GETTIME(GETSECCOUNT(_array[0],_array[1],_array[2] + 10,0,_array[4],_array[5],_array[6]))
"10日後は%(_array[0])年%(_array[1])月%(_array[2])日 %(_array[4])時%(_array[5])分%(_array[6])秒\n"