Top > マニュアル > 関数 > MKDIR
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

MKDIR

形式

MKDIR( path )

機能

  • ディレクトリを作成します。
  • フルパス指定可能。相対パスの場合はDLL loadで渡された位置(多くの場合、DLLのある位置)が基準となります。
  • 一階層づつしか作成できません。複数のディレクトリを同時に作成しないといけない階層のパスを指定するとエラーとなります。

引数

path
作成したいディレクトリパス。

返り値

  • 成功した場合、1
  • 失敗した場合、0

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
  • AYA5.8で利用可能

  • NOWPRINTING
  • 誰か記載してください!