Top > マニュアル > 関数 > SPLITPATH
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

SPLITPATH

形式

SPLITPATH( string )

機能

  • 与えられたパス文字列を要素に分解し、汎用配列として返します。
  • 要素は「ドライブ名」「パス」「主ファイル名」「拡張子」の4つです。

引数

string
分解したい文字列。

返り値

  • 成功した場合、(ドライブ名,パス,主ファイル名,拡張子)の汎用配列
  • 失敗した場合、0

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
  • AYA5.8で利用可能

_i = SPLITPATH("C:\umeici\sample\readme.txt")
_j = SPLITPATH("../../../aa/bb/cc.ddd")

_i には "C:","\umeici\sample\","readme",".txt" が代入されます。
_j には "","../../../aa/bb/","cc",".ddd" が代入されます。