Top > マニュアル > 関数 > TOINT
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

TOINT

形式

TOINT(string)

機能

  • 文字列・実数を整数に変換します。

引数

string
変換したい文字列。

返り値

  • 成功した場合、変換後の数値
  • 失敗した場合、0

関連

バージョン

  • YAYA:初期から利用可能
  • YAYA Tc542-4より前は、FLOOR()と同等処理をするバグあり、Tc542-4以上は小数点以下を単純カット(他言語と同じ)。
  • AYA5.8で利用可能

_i = '100' // 文字列を代入
_j = _i + 1
_j // 文字列「1001」 が出力されてしまう

_i = '100' // 文字列を代入
_j = TOINT( _i ) + 1 // 整数に変換
_j // 整数「101」が出力される
_i = 1.1 // 実数を代入
_j = TOINT( _i )
_j // 整数「1」 が出力される

_i = -1.1 // 負の値はどう?
_j = TOINT( _i )
_j // 整数「-1」 が出力される ※Tc542-4より