Top > StartUp > AYAからの移行
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

既存のAYA5ゴーストをYAYAへ移行

注意点

既存のAYA5ゴーストをYAYAに移行する際の注意点は以下の通りです。

DLL名称変更

DLL名称が aya5.dll から yaya.dll に変更になります。

  • そのため、aya5.txtyaya.txt に名前を変える必要があります。
  • セーブファイル名が yaya_variable.cfg となり、セーブデータがそのままでは移行されません。
  • これを避けるために新たな機能を用意してあります。aya_shiori3.dicを開き、load関数OnLoadの手前に以下のコードを追加してください。
    if FSIZE('yaya_variable.cfg') <= 0 {
        RESTOREVAR('aya5_variable.cfg')
        SAVEVAR('yaya_variable.cfg')
        FDEL('aya5_variable.cfg')
    }

もしくは、aya_shiori3.dicをいじっていない方なら、
システム辞書」の項目を見ながら、必要なファイルをダウンロードして上書きすると、簡単に移行できます。
(yaya.txtのaya_shiori3.dicの後にaya_compatible.dicを書き足してください)



システム辞書変更

システム辞書が変更になります(置き換えることを推奨します)

  • SAORIの戻り値などは、AYA5のシステム辞書ではバイト値1をカンマに置き換え、数字は文字列ではなく数値に変換されましたが、YAYA用のシステム辞書では、デフォルトではこの作業が行われません。
  • 一部の関数(NAMETOVALUEなど)がシステム辞書に含まれません。



移行手順

以下に、AYA5でaya_shiori3.dicをいじっていない場合の移行手順を示します。
なお、以下の作業はすべてゴーストの辞書フォルダ(ghost/master/)での作業です。

  • descript.txtshiori,aya5.dllshiori,yaya.dll に書き換えてください。
  • aya5.dll を削除し、yaya.dll を置いてください。
  • aya5.txtyaya.txt に変更してください。
  • 紺野ややめ」をダウンロードし、NARファイルをZIPとして解凍するか、ゴーストをインストールして中のファイルを見られる状態にしてください。
  • システム辞書」を参照し、systemフォルダ以下をコピーしてください。
  • system_config.txtyaya_config.txtをコピーしてください。
  • yaya.txt内の、dic,aya_shiori3.dicを消去し、代わりにinclude, system_config.txtと書いてください。
  • system_config.txtを開き、dic, system/yaya_compatible.dicの頭の//を消してください(コメント解除)
  • yaya_config.txtを開き、SHIORI3FW.AUTO_DATA_CONVERTを1、SHIORI3FW.REF_ACCELを0にしてください。

以上の作業により、だいたいの移行に関するエラーが解消されるはずです。

また、ネットワーク配布では aya5.dllaya5.txt は既に要らないものなので、以下の内容の delete.txt などを使って削除すると良いでしょう。

ghost/master/aya5.dll
ghost/master/aya5.txt