Top > Tips > シェルの自由移動
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

シェルの自由移動

(注意)
SSP/CROWのみで使えます。Materiaでは自由移動になりません。

ゴースト側でシェルの自由移動を定義する場合、下記を会話スクリプトに組み込んでください。

\0\1\_s\![set,alignmenttodesktop,free]\_s

(例)紺野あやめのOnBootに組み込む場合

OnBoot
{
	//---- まず双方のサーフィスを表示
	"\0\s[0]\1\s[10]\0\1\_s\![set,alignmenttodesktop,free]\_s" // ←ここに組み込む
	--
	//---- 起動時間を確認してあいさつを変化
	_timeslot = GetTimeSlot
	if _timeslot == "朝"
	(以下省略)
  • 応用編。

シェルの自由移動、画面下固定を切り替える場合。

Free_movement
{
	"\0\s[0]どうされますか?\n\n[half]<br>/
	\![*]\q[自由に動いて,Free_movement_On]\n/
	\![*]\q[一番下にいて,Free_movement_Off]\e"
}

Free_movement_On
{
	movement = 1
	"\0\s[5]はい、分かりました。\0\1\_s\![set,alignmenttodesktop,free]\_s\e"
}

Free_movement_Off
{
	movement = 0
	"\0\s[0]はい、分かりました。\0\1\_s\![set,alignmenttodesktop,bottom]\_s\e"
}

// 起動時用
movement_status
{
	CALLBYNAME("movement_status%movement")
}

movement_status0
{
	"\0\1\_s\![set,alignmenttodesktop,bottom]\_s"
}

movement_status1
{
	"\0\1\_s\![set,alignmenttodesktop,free]\_s"
}

このスクリプトを記述したあと、%movement_statusを
OnBoot、OnGhostChanged、OnShellChangedに追加してください。
(例)

OnShellChanged
{
	"\0\s[0]%reference0シェルに替わりました。どうですか?/
	\w6\1\s[10]イイ!%movement_status\e"
}