Top > Tips > ツールチップ
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

Windowsにおいて、マウスポインタの下に適宜表示される小さな説明窓のこと。(参考画像
改行は「\n」で行う。
ちなみにシェルの辺り判定ツールチップはsurfaces.txtで指定する

ツールチップ

シェルの上に表示されます。
SSP2.1.58以降のみ対応。

// YAYA/Tc533-2 + yaya_shiori3.dic
// AYA5系テンプレートの場合はreference[*]をreference*に変えること

On_tooltip
{
  AYATEMPLATE.MouseEventExec('tooltip')
}
// 「tooltip[キャラクター番号][当たり判定の識別子]」にツールチップで表示させるテキストを記述
// 当たり判定のない箇所は「tooltip[キャラクター番号]」
tooltip0Bust
{
  'ここにテキスト'
}
tooltip1Bust
{
  'ここにテキスト'
}
// 「はろーYAYAわーるど」yaya_tmpl_util.txtに記述済み
// 既に辞書にない場合こちらも一緒に記述
AYATEMPLATE.MouseEventExec
{
  _fname = _argv[0] + TOSTR(reference[3]) + TOSTR(reference[4])
  if ISFUNC(_fname) {
    EVAL(_fname)
    return
  }

  _fname = _argv[0] + TOSTR(reference[3])
  if ISFUNC(_fname) {
    EVAL(_fname)
    return
  }
}

にこらとてすらの反省会より転載させていただきました。

バルーンツールチップ

バルーンの選択肢の上に表示されます。
SSP2.1.62以降のみ対応。
こちらもAYA5系テンプレート、またはSHIORI3FW.REF_ACCEL設定が1の場合はreference[*]をreference*に。

選択肢IDで判別する場合

menu {
 "\1\s[10]\0\s[0]/
 \q[何か話して,Talking]\n/
 \q[自己紹介,Profile]\n/
 \q[閉じる,CloseBalloon]\n/
 \e"
}

On_balloon_tooltip {
 if ISFUNC( "BalloonTooltip_%(reference[1])" ) {
     EVAL( "BalloonTooltip_%(reference[1])" )
 }
}

// 「BalloonTooltip_[選択肢ID]」にツールチップで表示させるテキストを記述
BalloonTooltip_Talking { "お話します" }
BalloonTooltip_Profile { "わたしのこと" }
BalloonTooltip_CloseBalloon { "バルーンを閉じます\n(放置しても閉じます)" }

選択肢ラベルで判別する場合

menu {
 "\1\s[10]\0\s[0]/
 \q[何か話して,Talking]\n/
 \q[自己紹介,Profile]\n/
 \q[閉じる,CloseBalloon]\n/
 \e"
}

On_balloon_tooltip {
 if ISFUNC( "BalloonTooltip_%(reference[0])" ) {
     EVAL( "BalloonTooltip_%(reference[0])" )
 }
}

// 「BalloonTooltip_[選択肢ラベル]」にツールチップで表示させるテキストを記述
BalloonTooltip_何か話して { "お話します" }
BalloonTooltip_自己紹介 { "わたしのこと" }
BalloonTooltip_閉じる { "バルーンを閉じます\n(放置しても閉じます)" }

(注:選択肢ID(下の例ではラベル)に関数名に使えない記号(空白 ! " # $ % & ( ) * + , - / : ; < = > ? @ [ ] ` { | } ~ )が混じっているとこの方法は使えません。
どうしても使わないといけない場合はreference内該当記号を削除する、全角に変換するなどして対処してください)

ジャンプ先URLを表示

どのURLに飛ぶのか事前にわかりやすくする。
アンカータグからURLジャンプと併用して使ってください。

On_balloon_tooltip {
 if ISFUNC( "BalloonTooltip_%(reference[0])" ) {
     EVAL( "BalloonTooltip_%(reference[0])" )
 }
  else {
    if RE_MATCH( reference[0], 'http://.+' ) {
        "以下のURLをブラウザで開きます\n%(reference[0])"
    }
}