Top > Tips > テキストの幅を揃える
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

テキストの幅を揃える

等幅フォントで使用してください。
指定したバイト数をオーバーすればその分テキストを削ります。
指定したバイト数まで足りない場合は余ったスペースを空白で埋めます。

使い方

第一引数(_argv[0]) 文字列
第二引数(_argv[1]) 揃えるバイト数

ARRANGETEXT(文字列,揃えるバイト数)

ARRANGETEXT関数

 ARRANGETEXT
 {
 _sb=TOINT(_argv[1])
 _bytes=(GETSTRBYTES(_argv[0],0))
    if _bytes < _sb {
    // 半角空白で埋める
    _space=(_sb-_bytes)
    _val=_argv[0]
    _lp=1
        while _lp <= _space {
        _val=_val+' '
        _lp++
        }
    _val
    }
    elseif _bytes > _sb {
    // 越えていれば削る
    _leng=_sb
    _loop=0
    _text=_argv[0]
    _byte=0
    _c=''
        while _byte<_leng {
            _sub=(SUBSTR((_text),(_loop),1))
            _c=_c+_sub
            _byte=(GETSTRBYTES(_c,0))
            _loop++
                if _loop>200 {break}
        }
    _re=RE_GREP(_c,'.$')
    _re=RE_GETSTR
            if (GETSTRBYTES((_c),0))>_leng {
                _c=(RE_REPLACE(_c,'.$',''))+' '
                _c
            }
            else {_c}
    }
    else {_argv[0]}
 }