Top > Tips > 指定秒数経過後にイベントを実行
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

指定秒数経過後にイベントを実行

SetDelayEvent関数での例

30秒待たせるイベント
{
    "\0\s[0]それでは30秒お待ち下さい。\e"
 
    SHIORI3FW.SetDelayEvent( '30秒待った' , 30 )
}

30秒待たせるイベント_残り時間確認
{
    "\0\s[0]残り%(SHIORI3FW.DelayEventTime)秒です。\e"
}

30秒待った
{
    "\0\s[0]お待たせしました。\e"
}

自作関数での例

OnSecondChange { //これ以外は自作関数
    if timerFlag == 1 {
        OnTimerCounter
    }
}

OnTimerStart { //OnTimerStart(60)とかで呼び出す。
    timerFlag = 1
    timerCount_s = _argv[0]//timerCount_sの現在値が残り時間。
}

OnTimerCounter { //計測中処理
    timerCount_s--
    if timerCount_s <= 0 { //タイマ終了処理
            OnTimerEnd
    }
}

OnTimerEnd {
    timerFlag = 0
    timerCount_s = 0
    //タイマ終了時に何か処理する場合このへんに書く
}

タイマを同時にいくつか計測したい場合は、もう少し工夫が必要です。