Top > Tips > 数当てゲーム
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

数当てゲーム

簡単な数当てゲーム。
下の二つの関数を辞書に書き、Choicekazuateを呼び出してください。

Choicekazuate
{
	Kazuate_a = RAND
	"\0\s[5]数当てゲーム開始ー。\n/
	私がイメージする0~99までの数を当ててみてね。 \![open,inputbox,OnInputKazuate_b,-1]\e"
}
OnInputKazuate_b
{
	Kazuate_b = reference0     
	if Kazuate_b == Kazuate_a
	{
		"\0\s[6]正解!私がイメージしたのは%Kazuate_aでした~\e"
	}
	elseif Kazuate_b > Kazuate_a
	{
		"\0\s[5]答えよりも大きいよ。\n/
		さぁ、もう一度数を予想してみて。\![open,inputbox,OnInputKazuate_b,-1]\e"
	}
	elseif Kazuate_b < Kazuate_a
	{
		"\0\s[5]答えよりも小さいよ。\n/
		さぁ、もう一度数を予想してみて。\![open,inputbox,OnInputKazuate_b,-1]\e"
	}
}

※ここでは、OnChoiceSelectの選択肢をいきなり独立した関数で書いています。Tips/選択肢をいきなり独立した関数で書くを参照してください。