Top > Tips > SAKURAスクリプトタグをエスケープする
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

SAKURAスクリプトタグをエスケープする

  • 削除するのではなくそのままバルーンに表示させたい時向け。「\s[]0」の場合「\\s[0]」と変換します。
  • 基本的に「中身に何が入ってるかわからない」変数をバルーンに表示するときはこの関数を使っておいたほうが安心。

全てのさくらスクリプトをエスケープ

使用例

OnGhostChanged
{
_name = EscapeAllTags( reference[0] )
"%(_name)さんから交代したよ~。\e"
}

こうすると仮に「青い\105のノート」なんて名前のゴーストから交代したとしても、そのまんま「青い\105のノートさんから交代したよ~。」とバルーンに表示されるように。

危険なさくらスクリプトだけエスケープ

EscapeDangerousTags( エスケープしたい文字列 )

vanishbymyself等の実行されたら困るさくらスクリプトだけエスケープ。 どっかから拾ってきたさくらスクリプト付きトークを実行する時など。

エスケープじゃなく取り除きたい