Top / マニュアル / 文法 / B.文字コード関連
  トップページへ   [ 一覧 | 単語検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ ]

* YAYA内部文字コード [#t4764731]

- YAYAの内部文字コードはUCS-2です。
- 辞書や外部ファイル読み書き、外部ライブラリとのやり取りを行った結果の文字列は、原則として全てUCS-2との相互変換が行われます。

* 文字コードとYAYA内の文字コードID [#u63efb49]

- 一部の関数では、文字コードを文字コードID(整数)で指定します。

|文字コード|文字列表現|文字コードID|
|文字コード|文字列表現|文字コードID|h
|シフトJIS|Shift_JIS|0|
|UTF-8|UTF-8|1|
|EUC-JP|EUC_JP|2|
|BIG-5|BIG-5|3|
|GB-2312|GB-2312|4|
|EUC_KR|EUC_KR|5|
|ISO-2022-JP (JIS)|ISO-2022-JP|6|
|バイナリ|binary|126|
|OSデフォルト|OSNative|127|

* 文字コード「バイナリ」について [#p7c92d4f]

文字コード「バイナリ」は特殊な文字コードで、UCS-2の文字列の下位バイトをそのままバイト列にしたエンコードです。

主に FWRITEBIN, FREADBIN 等と組み合わせて、「バイナリ」状態の文字列をそのまま外部とやりとりするために用いることを想定しています。

ただし、文字列中に0x00が扱えないというYAYAの制限はそのままですので注意してください。

また、FUNCTIONEX等の既存のシステム辞書は、文字列がバイナリになることを想定していません。