Top/マニュアル/関数/BITWISE_SHIFT
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ ]

#navi(マニュアル/関数)

* BITWISE_SHIFT [#l8c75b0c]

** 形式 [#e7642c95]

> BITWISE_SHIFT( '''var''' , '''shift''' )

** 機能 [#cdcc9ec9]

- var のビットシフト演算を行います。
-- 整数(int = 符号付4バイト)に変換し、ビット演算を行います。

- shiftでシフトするビット数を指定します。
-- shiftが正の場合は左シフト、負の場合は右シフトになります。
-- 右シフトの場合、算術シフトになるか論理シフトになるかは処理系依存です。
--- 現在配布されているWindows用のyaya.dllであれば算術シフトになります。

** 引数 [#r2be3cbb]

:var|数値
:shift|シフトビット数

** 返り値 [#fb96714b]

- 成功した場合、ビット演算後の数値
- 失敗した場合、何も返しません。(VOID)

** 関連 [#f8d90bab]

- [[マニュアル/関数/BITWISE_AND]]
- [[マニュアル/関数/BITWISE_OR]]
- [[マニュアル/関数/BITWISE_XOR]]
- [[マニュアル/関数/BITWISE_NOT]]
//- [[マニュアル/関数/BITWISE_SHIFT]]

** バージョン [#k882cbed]

- TC513-901

** 例 [#v9cb351c]

 _var=0x7fffffff
 _result=BITWISE_SHIFT(_var,-2);

#code(aya,nooutline,nolink,nonumber){{
_var=0x7fffffff
_result=BITWISE_SHIFT(_var,-2);
}}
_resultは0x1fffffffになります。

#navi(マニュアル/関数)