Top/マニュアル/関数/FCHARSET
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ ]

#navi(マニュアル/関数)

* FCHARSET [#q531168f]

** 形式 [#y0d89b81]

> FCHARSET( '''code''' )

** 機能 [#rc7dbc96]

- ファイルの読み書きに用いる文字コードを指定します。
- FOPENの前に実行してください。
- ファイル単位で文字コードを変更可能です。(FOPENされた際に、そのファイルの文字コードがFCHARSETで指定している「現在値」に決定されます。)

- FCHARSETを用いない場合、ファイルの読み書きに用いられる文字コードは、基礎設定ファイルの charset.file もしくは charset エントリで指定したコードとなります。


** 引数 [#e36430c8]

:code|文字コードIDを指定します。

** 返り値 [#g15e118e]

- 返り値はありません。(VOID)

** 関連 [#sf9281a3]

- [[マニュアル/関数/FOPEN]]
- [[マニュアル/文法/B.文字コード関連]]

** バージョン [#g423b939]

- YAYA:初期から利用可能
- AYA5.8で利用可能

** 例 [#be3acc46]

-NOWPRINTING
-誰か記載してください!

#navi(マニュアル/関数)