Top/マニュアル/関数/GETLASTERROR
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ ]

#navi(マニュアル/関数)

* GETLASTERROR [#oc685260]

** 形式 [#u4c89e9c]

> GETLASTERROR
> GETLASTERROR()

** 機能 [#t8fb51ba]

- 直前に発生したシステム関数のエラーのコードを返します。

** 引数 [#l98f4d5c]

- 引数はありません。

** 返り値 [#x4045ee2]

- 以下のコードを返します。
- エラーが発生していない場合、0を返します。

|コード|意味|
|8|引数不足。|
|9|引数の値が不正。|
|10|空の文字列は処理できない。|
|11|結果を入れる変数がない。|
|12|範囲外、もしくは無効な値。|
|13|処理失敗。|
|14|指定された外部ライブラリはロードされていない。|
|15|指定されたファイルはオープンしていない。|
|16|正規表現の文法に誤りがある。もしくは複雑すぎる。|
|17|正規表現の処理中に未定義のエラーが発生した。|
|18|変数を渡すべき引数が変数となっていない。|

** 関連 [#j8739c46]

- [[マニュアル/関数/SETLASTERROR]]

** バージョン [#ebeeab3f]

- YAYA:初期から利用可能
- AYA5.8で利用可能

** 例 [#v434726b]

-この関数が返す値はSETLASTERROR関数で設定することもできます。 
-GETLASTERRORを使用して、エラーが起きそうな場所を確実にチェックするには以下のようにすると良いです。

 SETLASTERROR(0)
 //システム関数を使用している何らかの処理
 if !GETLASTERROR {
     "エラーが発生しました。"
 }

#navi(マニュアル/関数)