Top/マニュアル/関数/READFMO
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ ]

#navi(マニュアル/関数)

* READFMO [#rb48e6c3]

&color(Red){【Windows専用】この関数はWindows用にコンパイルされたyayaでしか動作しません};

** 形式 [#e234a4fe]

> READFMO( [ '''name''' ] )

** 機能 [#i0fe55c5]

- FMO(File Mapping Object)の内容を文字列として取得します。
-- FMOの文字コードはOSデフォルトとみなし、読み込み時にYAYA内部文字コードに変換されます。
-- FMOの先頭4バイトは、FMOのサイズ(unsigned int)が格納されているものとして扱います(読み込み時には先頭4バイトは取り除かれます)。
-- FMO内に 0x00 が存在した場合の動作は不定です。

** 引数 [#y435e427]

:name|FMO名称(省略可)。省略時は "Sakura" となります。

** 返り値 [#f428bb5a]

- 成功した場合、FMOの内容(文字列)
- 失敗した場合、何も返しません(VOID)

** 関連 [#cba1b5eb]

- 

** バージョン [#h741a43a]

- Tc524-1

** 例 [#t048fbd6]

-NOWPRINTING
-誰か記載してください!

#navi(マニュアル/関数)