Perl使いなのでYAYAでもTAPが見たくなりました。

テストをいい感じにしたい場合の布石としてお使いください。

添付のyayatap.dicを読み込むことで以下の機能が使用できます。

使用例 †

Test.tap{
	do_test()
	--
	ok(1, 'num')
	--
	ok('str')
	--
	ok(0, 'not ok')
	--
	ok('', 'not ok')
	--
	isnt(1, 2, 'isnt')
	--
	is("2", 2, 'is')
	--
	_a = (8,9,10)
	is_deeply(_a, _a, 'ok')
	--
	_b = (8,9,11)
	is_deeply(_a, _b, 'not ok')
	--
	diag('diag')
	--
	done_testing()
}

の出力は

ok 1 - num
ok 2 - 
not ok 3 - not ok
not ok 4 - not ok
ok 5 - isnt
ok 6 - is
ok 7 - ok
not ok 8 - not ok
# diag
1..8

こんな感じ。

リファレンス †

基本的にTest::More(http://search.cpan.org/perldoc?Test%3A%3AMore)のサブセットです。

do_test() †

テストを初期化します。

done_testing() †

テストを終了します。

テストのための変数削除とかもあるので必ず実行してください。

ok(value, msg) †

valueが真ならok

is(value1, value2, msg) †

value1 == value2 ならok

isnt(value1, value2, msg) †

value1 != value2 ならok

is_deeply(array1, array2, msg) †

array1とarray2の全要素が同じならok

これは必ずmsgを入れてください。でないと要素数を誤判定します。

diag(msg) †

テスト中にコメントを入れたいとき


添付ファイル: fileyayatap.dic 201件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-26 (土) 18:32:29 (1821d)