バルーンフォント系タグ - 新規追加分 †

\fタグ系で新規追加されたタグのリストと解説です。

以下全て、SSPのみの対応となります。 (「cursor.notselect.style」のように途中でピリオドを含めて記述しても構いません)

\fタグ新規追加分 †

アンカー - 選択中 †

\f[anchorstyle,形状] †

選択中アンカーの形状の変更。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

\f[anchorstyle,default] †

選択中アンカーの形状をデフォルトに戻す。

\f[anchorcolor,R,G,B] もしくは \f[anchorbrushcolor,R,G,B] †

選択中アンカーの矩形内の色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchorbrushcolor,default] †

選択中アンカーの矩形内の色をデフォルトに戻す。

\f[anchorpencolor,R,G,B] †

選択中アンカーの矩形枠および下線の色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchorpencolor,default] †

選択中アンカーの矩形枠および下線の色をデフォルトに戻す。

\f[anchorfontcolor,R,G,B] †

選択中アンカーのフォント色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchorfontcolor,default] †

選択中アンカーのフォント色をデフォルトに戻す。

\f[anchormethod,描画方法] †

選択中アンカーの描画方法の変更。
Win32APIのSetROP2関数で使用できる全オペレータが指定可能。

\f[anchormethod,default] †

選択中アンカーの描画方法をデフォルトに戻す。

アンカー - 非選択 †

\f[anchornotselectstyle,形状] †

非選択中アンカーの形状の変更。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

\f[anchornotselectstyle,default] †

非選択中アンカーの形状をデフォルトに戻す。

\f[anchornotselectcolor,R,G,B] もしくは \f[anchornotselectbrushcolor,R,G,B] †

非選択中アンカーの矩形内の色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchornotselectbrushcolor,default] †

非選択中アンカーの矩形内の色をデフォルトに戻す。

\f[anchornotselectpencolor,R,G,B] †

非選択中アンカーの矩形枠および下線の色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchornotselectpencolor,default] †

非選択中アンカーの矩形枠および下線の色をデフォルトに戻す。

\f[anchornotselectfontcolor,R,G,B] †

非選択中アンカーのフォント色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchornotselectfontcolor,default] †

非選択中アンカーのフォント色をデフォルトに戻す。

\f[anchornotselectmethod,描画方法] †

非選択中アンカーの描画方法の変更。
Win32APIのSetROP2関数で使用できる全オペレータが指定可能。

\f[anchornotselectmethod,default] †

非選択中アンカーの描画方法をデフォルトに戻す。

アンカー - 訪問済み †

\f[anchorvisitedstyle,形状] †

訪問済みアンカーの形状の変更。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

\f[anchorvisitedstyle,default] †

訪問済みアンカーの形状をデフォルトに戻す。

\f[anchorvisitedcolor,R,G,B] もしくは \f[anchorvisitedbrushcolor,R,G,B] †

訪問済みアンカーの矩形内の色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchorvisitedbrushcolor,default] †

訪問済みアンカーの矩形内の色をデフォルトに戻す。

\f[anchorvisitedpencolor,R,G,B] †

訪問済みアンカーの矩形枠および下線の色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchorvisitedpencolor,default] †

訪問済みアンカーの矩形枠および下線の色をデフォルトに戻す。

\f[anchorvisitedfontcolor,R,G,B] †

訪問済みアンカーのフォント色をRGB(0~255)で変更。

\f[anchorvisitedfontcolor,default] †

訪問済みアンカーのフォント色をデフォルトに戻す。

\f[anchorvisitedmethod,描画方法] †

訪問済みアンカーの描画方法の変更。
Win32APIのSetROP2関数で使用できる全オペレータが指定可能。

\f[anchorvisitedmethod,default] †

訪問済みアンカーの描画方法をデフォルトに戻す。

選択肢マーカー - 非選択 †

\f[cursornotselectstyle,形状] †

非選択中選択肢マーカーの形状の変更。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

\f[cursornotselectstyle,default] †

非選択中選択肢マーカーの形状をデフォルトに戻す。 [#m40888dc]

\f[cursornotselectcolor,R,G,B] もしくは \f[cursornotselectbrushcolor,R,G,B] †

非選択中選択肢マーカーの矩形内の色をRGB(0~255)で変更。

\f[cursornotselectbrushcolor,default] †

非選択中選択肢マーカーの矩形内の色をデフォルトに戻す。

\f[cursornotselectpencolor,R,G,B] †

非選択中選択肢マーカーの矩形枠および下線の色をRGB(0~255)で変更。

\f[cursornotselectpencolor,default] †

非選択中選択肢マーカーの矩形枠および下線の色をデフォルトに戻す。

\f[cursornotselectfontcolor,R,G,B] †

非選択中選択肢マーカーのフォント色をRGB(0~255)で変更。

\f[cursornotselectfontcolor,default] †

非選択中選択肢マーカーのフォント色をデフォルトに戻す。

\f[cursornotselectmethod,描画方法] 非選択中選択肢マーカーの描画方法の変更。 Win32APIのSetROP2関数で使用できる全オペレータが指定可能。

\f[cursornotselectmethod,default] †

非選択中選択肢マーカーの描画方法をデフォルトに戻す。

Balloon設定 - descript.txt †

(anchor.font.color.~は元々存在するものなので省略)

アンカー - 選択中 †

anchor.style,形状 †

選択中アンカーの形状。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

anchor.blendmethod,コマンド †

選択中アンカーーのラスタオペレーションコマンド。
noneで無し。
notmaskpenでr2_notmaskpen。
mergepennotでr2_mergepennot。

anchor.pen.color.r,数字 †

選択中アンカーの矩形枠および下線の色赤(0~255)

anchor.pen.color.g,数字 †

選択中アンカーの矩形枠および下線の色緑(0~255)

anchor.pen.color.b,数字 †

選択中アンカーの矩形枠および下線の色青(0~255)

anchor.brush.color.r,数字 †

選択中アンカーの矩形内の色赤(0~255)

anchor.brush.color.g,数字 †

選択中アンカーの矩形内の色緑(0~255)

anchor.brush.color.b,数字 †

選択中アンカーの矩形内の色青(0~255)

アンカー - 非選択 †

anchor.notselect.style,形状 †

非選択中アンカーの形状。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

anchor.notselect.blendmethod,コマンド †

非選択中アンカーーのラスタオペレーションコマンド。
noneで無し。
notmaskpenでr2_notmaskpen。
mergepennotでr2_mergepennot。

anchor.notselect.font.color.r,数字 †

非選択中アンカーのフォント色赤(0~255)
ラスタオペレーションコマンドが無い場合使用。

anchor.notselect.font.color.g,数字 †

非選択中アンカーのフォント色緑(0~255)
ラスタオペレーションコマンドが無い場合使用。

anchor.notselect.font.color.b,数字 †

非選択中アンカーのフォント色青(0~255)
ラスタオペレーションコマンドが無い場合使用。

anchor.notselect.pen.color.r,数字 †

非選択中アンカーの矩形枠および下線の色赤(0~255)

anchor.notselect.pen.color.g,数字 †

非選択中アンカーの矩形枠および下線の色緑(0~255)

anchor.notselect.pen.color.b,数字 †

非選択中アンカーの矩形枠および下線の色青(0~255)

anchor.notselect.brush.color.r,数字 †

非選択中アンカーの矩形内の色赤(0~255)

anchor.notselect.brush.color.g,数字 †

非選択中アンカーの矩形内の色緑(0~255)

anchor.notselect.brush.color.b,数字 †

非選択中アンカーの矩形内の色青(0~255)

選択肢マーカー - 非選択 †

cursor.notselect.style,形状 †

非選択中選択肢マーカの形状。
squareで矩形を表示。
underlineで下線を表示。
square+underlineで矩形と下線を表示。

cursor.notselect.blendmethod,コマンド †

非選択中選択肢マーカーのラスタオペレーションコマンド。
noneで無し。
notmaskpenでr2_notmaskpen。
mergepennotでr2_mergepennot。

cursor.notselect.font.color.r,数字 †

非選択中選択肢マーカのフォント色赤(0~255)
ラスタオペレーションコマンドが無い場合使用。

cursor.notselect.font.color.g,数字 †

非選択中選択肢マーカのフォント色緑(0~255)
ラスタオペレーションコマンドが無い場合使用。

cursor.notselect.font.color.b,数字 †

非選択中選択肢マーカのフォント色青(0~255)
ラスタオペレーションコマンドが無い場合使用。

cursor.notselect.pen.color.r,数字 †

非選択中選択肢マーカの矩形枠および下線の色赤(0~255)

cursor.notselect.pen.color.g,数字 †

非選択中選択肢マーカの矩形枠および下線の色緑(0~255)

cursor.notselect.pen.color.b,数字 †

非選択中選択肢マーカの矩形枠および下線の色青(0~255)

cursor.notselect.brush.color.r,数字 †

非選択中選択肢マーカの矩形内の色赤(0~255)

cursor.notselect.brush.color.g,数字 †

非選択中選択肢マーカの矩形内の色緑(0~255)

cursor.notselect.brush.color.b,数字 †

非選択中選択肢マーカの矩形内の色青(0~255)

他 SSP専用の記述法 †

cursor.notselect.brush.color,r,210
cursor.notselect.brush.color,g,216
cursor.notselect.brush.color,b,227

cursor.notselect.brush.color,210,216,227

と一行で記述する事が可能です。
(現時点ではSSP以外のベースウェアでは適応されないためSSP拡張設定にのみ使う、又はSSP専用バルーンに使うのが無難です)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-02 (水) 13:39:39 (3277d)