* 華和梨+OpenKEEPS環境でだぶるているをトークテストツールとして使う方法 [#y57534d0]

アリス「ねぇボブ。幸水がさっぱりわからないんだけど。」~
ボブ「HAHAHA! 何を言っているんだいアリス。あんなの皮をむいて食べるだけじゃないか。」~
アリス「そっちの幸水じゃなくて華和梨のデバッガの幸水の方よ。」~
ボブ「そういえばそんなものもあったねぇ。DOS窓で動くというだけで使う気がおきなかったんで、すっかり忘れてたよ。」~
アリス「じゃあ、ボブはどうやってゴーストのトークのテストをしているの? ゴーストにデバッグモードでも搭載しているの?」~
ボブ「まさか! ボクが使っているのはこの「だぶるている」さ!」~
アリス「だぶるている?」~
ボブ「そう、こいつは華和梨版「さとりて」として使うこともできるのさ! ブル●ーカーより簡単さ!」~
アリス「まぁ、素敵!」

……というお話。

** だぶるているとは [#b475e417]

- pipe_vqfさん作のSAKURAスクリプトエディタ(テキストエディタ)
- http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/4430/
- エディターウィンドウで選択された任意の文章をDirectSSTPでゴーストに送信できる→里々のトークテストツールの「[[さとりて:http://www.geocities.jp/poskoma/]]」の華和梨版として使える。
-というか、幸水をデバッガモードで起動してechoモードにしたときと同等の動きになってるはず(送信されてくるイベントがShioriEchoかOnDoubleTailScriptSendかの差はあるけど)。
- OnDoubleTailScriptSendというイベントを第1引数に選択された部分のテキストを乗っけてSSTPで送信しているので、ゴースト側の辞書でOnDoubleTailScriptSendの処理を書く必要あり→OpenKEEPSではdict-keeps-baseevent.kisに記述あり。

** OpenKEEPSの設定 [#r0d66bbe]
-kawarirc.kisを編集して「だぶるている」からのスクリプトを受信できるようにする必要あり。
--debugger を off→on に
--seculitylevel を middle→high (以前、lowと書いてましたがhighの間違いでした)に

 # デバッガON/OFF
 # debugger off
 debugger on;
 
 # セキュリティレベル設定
 # securitylevel middle;
 securitylevel high;

-リリースするゴーストではkawarirc.kisの記述を元に戻しておくこと。''特にdebugger''。
-ちなみに、debuggerをonにしたり、Securitylevelをhighにしたりするのは、OpenKEEPS上の都合((OpenKEEPSではSecuritylevelがmiddle以下の場合、リクエストヘッダの中身の$を潰してしまう&OnDoubleTailScriptSendイベントに対する処理のエントリの中でdebuggerがonである場合のみにReference0を評価するというようになっている。))。

** だぶるているからトークを送信してゴースト喋らす [#f51805ff]
+ゴーストを起動する。
-- SSPで複数のゴーストを呼んでいる場合、呼ばれているゴーストの中で一番最初に呼ばれたゴーストだけにSSTPが飛んでいく。
-- 他のゴーストも立たせたい場合は、一旦、そのゴーストを終了させて再び呼び出すと吉。
+だぶるているでトークを書く
--${ほげほげ}などのエントリ呼び出しを含めることができる。→エントリは事前にゴースト側の辞書に記述しておくことが必要。
--$(.setstr hoge "ほげほげ")などのkisを含めることができる。→ゴースト側の辞書に記述されたユーザー定義関数も呼べる。
--\![open","browser","どこかのURL]などのタグも含められる→OpenKEEPS認定の危険なタグも呼べる→\![vanishbymyself]とか送ると本当に消えるはずなので注意(ためしてない)
-書いたトークを選択(反転)させて右クリックメニューから「SSTP送信(notify)」を実施するとゴーストがトークを喋る。ちなみに、ただの「SSTP送信」の方はエントリの展開などがされない。

**他の華和梨ミドルウェアでもできるの? [#a0831c27]
-OpenKEEPSでも、OnDoubleTailScriptSendイベントに対し、Reference0の中身をevalしてるだけですので、同等の処理を書くなりOpenKEEPSのdict-keeps-baseevent.kisの中にあるevent.OnDoubleTailScriptSendの中身を移植するなりすれば、どんな華和梨ミドルウェアでも同じことができるようになります。
-「華和梨のかおり」の場合は「*システムコールバック.OnDoubleTailScriptSend」に移植してください。
-「華和梨テンプレート」の場合は「event.OnDoubleTailScriptSend」に移植してください。
-「華和梨テンプレート『Lv1』」も「event.OnDoubleTailScriptSend」に移植してください。
-「G.O.A. Lilith」は「OnDoubleTailScriptSend」に。


**その他 [#x13849da]
-kisを記述しているときに勝手に半角スペースが消えたりしてしまう場合には、メニューバーの設定の「リアルタイムオート色づけ」のチェックを外しておくとよさそう。
-くわしいことは「だぶるている」のreadme.txtを読むと吉。

**華和梨向けトークテストツール「らふらんす」 [#mb4977dd]
-と、ここまで「だぶるている」の説明書いたけど、自分でも華和梨向けのトークテストツール作ってみました。→http://rimuhamate.no.land.to/
-華和梨のデバッグ用イベントのShioriEchoを投げるのでミドルウェアを問わず、debugger onするだけで使えます。~
(華和梨自身の機能としてdebugger onをしているとShioriEchoイベントを処理してくれる。なぜか最近の整備班の里々もShioriEchoを処理するみたい。)
-イベント投げるゴーストを指定できます。
-Windows XPで動きます。Windows Vistaで動くっぽい。Windows7は未確認。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS