HEADLINE/2.0 †

ヘッドライン仕様の改訂版です。現在SSP実装のみ。
従来の仕様では文字コード対応していなかったため、その対策です。

export - Windows上でのDLL実装詳細 †

load,request,unloadをエクスポートする標準的な実装です(他モジュールといっしょ)

request:バージョン取得 †

呼び出し例 †

GET Version HEADLINE/2.0
Charset: UTF-8
Sender: SSP

呼び出し詳細 †

Charset
文字コード
Sender
イベント送信元

返答例 †

HEADLINE/2.0 200 OK
Charset: UTF-8
Value: HeadlineModule 1.1

返答詳細 †

Charset
[省略可]文字コード。省略した場合は呼び出しといっしょ。
Value
[省略可]バージョン文字列

request:ヘッドライン取得 †

呼び出し例 †

GET Headline HEADLINE/2.0
Charset: UTF-8
Sender: SSP
Option: url
Path: C:\SSP\temp\ad9326dc37cb86a9.html

呼び出し詳細 †

Option
[省略可]応答で解析可能なオプション。カンマ区切りで列挙。後述。現在urlのみ。
Path
ヘッドライン解析対象ファイルパス(フルパス)

これ以外はバージョン取得といっしょです。

返答例 †

HEADLINE/2.0 200 OK
Charset: UTF-8
Headline: ほげほげ1
Headline: ほげほげ2
Headline: ほげほげ3
Headline: ほげほげ4
Headline: ほげほげ5

返答詳細 †

Charset
[省略可]返答用文字コード。省略した場合は呼び出しといっしょ。
RequestCharset?
[省略可]次の呼び出し時に希望する文字コード。省略時はCharsetを使う。
Headline
ヘッドラインの内容
呼び出し時にOption: urlというふうに、Optionヘッダにurlが入っていた場合、URL拡張に対応しています。
その場合は、バイト値1区切りで、 内容[1]URL という形式で応答すると、ゴーストにURLも通知され、ゴースト側が対応していれば項目をクリックするとその詳細にジャンプ、等ができるかもしれません。

実際の動作 †

GET Headlineは2回呼ばれます。1回目は古いファイルに対して、2回目は新しいファイルに対してです。ただし古->新の順番は実装によっては順番が逆になる可能性がありますので、順番に依存するような処理は組んではいけません。

デバッグ中など、常に表示したい場合(no updateにならない)は、descript.txtにalwaysdisplay,1と書いてみてください。後で消すのを忘れないように!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-13 (木) 20:01:19 (3897d)