* 会話頻度の設定 [#u73655b1]
|ページ:     |[[ぽな@ばぐとら/Emily-Phase4/BugTrack]]|
|投稿者:     |kana|
|優先順位:   |#listbox2(普通,緊急,重要,普通,低)|
|状態:       |#listbox2(提案,提案,着手,完了,保留,却下,対応不能)|
|状態:       |#listbox2(完了,提案,着手,完了,保留,却下,対応不能)|
|カテゴリー: |#listbox2(バグ報告,バグ報告,提案,ネタ,雑談,その他)|
|投稿日:     |2009-11-17 (火) 11:10:03|
|バージョン: |SSP 2.02.12|

** メッセージ [#wb47089c]
SSP BAGTRAQのフィードバックID196にリプライを連投している者です。会話頻度を覚えてくれないのは、自発トークしないのとは別問題のようなのと、辞書ファイルの中身を以下に引用する(ネタバレになる)ので、こちらに移りました。

閑話休題、会話頻度のバグ報告と修正提案。
.\emily4\ghost\master\system\yaya_shiori3.dic(11/5版)の
unload処理(の205行あたり)のところに
ERASEVAR(GETVARLIST('SHIORI3FW.'))
があります。

2.02.00Fullsetに同梱のバージョンの同じ処理では、
Path,Eventid,EventidTranslate,AiTalkCount,SaveVarCount,LastTalk,LastAiTalk,LastSurface,IsVisible,HWnd,BalloonHWnd,UniqueIDを個別にERASEVARしていたようです。

ここで、現行バージョンだとGETVARLISTでSHIORI3FW.STATUSも拾われてしまって、SHIORI3FW.STATUSのRunステータスが..\yaya_variable.cfgに保存されないのではないかと思います。
そのせいで、再起動後のload処理でaitalkintervalがTALK_INTARVARLに書き戻されて終うのではないかと推測します。

※ただ現行バージョンでもSHIORI3FW.CotrolAiTalk関数内の自動セーブ処理が入っているので、ゴースト起動から1800 SaveVarCount(秒?)毎にやってくるSAVEVARに上手く乗れれば、Runステータスの保存ができるようで、そのために以前にバグ修復がされたと誤報告をしてしまいました。

ここの処理を以前のものにするか、TALK_INTERVALによるaitalkintervalの初期化を書き変えるか、等の修正を考えていただけるよう提案させて下さい。
(こちらのテスト環境では、最新のアップデート版に2.02.00Full同梱版の該当箇所をコピーして上書きしたところ会話頻度を覚えてくれています)

あと、yaya_config.txtのTALK_INTERVALの180秒は、4.5になる前の「ふつう」の値だったような気がするのですが、これもこの際120秒に変えませんか?

ゴーストデベロッパじゃないどころか完全なエンドユーザなのでおかしな指摘があるとは思いますがお許しを。
----

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS