Top / マニュアル / 関数 / SETDELIM
  トップページへ   [ 一覧 | 単語検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

SETDELIM †

形式 †

SETDELIM( array , delim )

機能 †

  • 変数の標準のデリミタ(簡易配列の区切り文字)を設定します。
  • デフォルトのデリミタはカンマです。
  • この関数への引数の与え方には以下の制限があります。注意してください。
  • 2つの引数は必ず直接与えねばなりません。
    	
    _i = (var, "/")
    SETDELIM(_i)
  • 上の例は変数varのデリミタを"/"へ変更しようとしていますが、これは正常に動きません。
  • 下のように、第一引数に対象の変数、第二引数にデリミタを直接指定してください。
    	
    SETDELIM(var, "/")

引数 †

array
デリミタを設定したい簡易配列変数。
delim
デリミタ(文字列)

返り値 †

  • 戻値はありません。

関連 †

バージョン †

  • YAYA:初期から利用可能
  • AYA5.8で利用可能

†

  • NOWPRINTING
  • 誰か記載してください!