Top/old/TipsV4/テンション(感情値)の上下
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

テンション(感情値)の上下

会話の内容によって、テンション(感情値)を上下させて
キャラクターの反応を変える方法として、下記のやり方があります。
変数tentionが感情値を表す場合の例。

#define :tention+ %ASC(1)
#define :tention- %ASC(1)-

TalkScript
{
 if tention > 10
 {
  "ハイテンション!"
  "舞い上がってお茶こぼした…\e:tention-5"
 }
 elseif tention > 5
 {
  "普通テンション"
  "阪神勝ったー!\e:tention+5" 
 }
 else
 {
  "鬱"
 }
}

OnTalk
{
 _script = TalkScript
 SETSEPARATOR(_script, ASC(1))
 _lastindex = ARRAYSIZE(_script) - 1
 if _lastindex > 0 {
  tention += TONUMBER2(_script[_lastindex])
  _lastlen = STRLEN(_script[_lastindex])
  _eraseindex = STRLEN(_script) - _lastlen - 1
  _erasesize = _lastlen + 1
  _script = ERASE(_script, _eraseindex, _erasesize)
 }
 _script
} 

トークの際にOnTalk?を呼ぶようにしてください。
(et cetera. の雑記内より)