紹介実装例 †

以下のサンプルは、台本コミュニケート仕様書もあわせて実装済みのものです。
組み込む際はその点注意してください。

……もっとも、こういうのを積極的にやるヒトはあまり気にしないとは思いますけど(笑

里々 †

GhostTown:987/NGC:舞子とうにゅ丸の辞書を一般にも使えるようにしたサンプルです。
すーぱーはかー青葉のぞみさん提供。

@台本コミュ識別子
ECHO/1.0

@大根コミュ識別子
JPRadish

*COMMUNICATE該当なし
>台本コミュニケート受信	(compare,(R2),(台本コミュ識別子))
>大根コミュニケート受信	(compare,(R2),(大根コミュ識別子))
>COMMUNICATE該当なし通常

*COMMUNICATE該当なし通常

*台本コミュニケート受信
$Value0	(R0)
(R3)

*大根コミュニケート受信
$呼び出し元	(R0)
$呼び出し関数	(R3)
$操作する変数	(R4)
$操作する値	(R5)
>大根(呼び出し関数)

*大根紹介
≫(R0)からの紹介「(R1)」

*Emilyからの紹介「 いつもべたべたくっついてくる
\u\s[10]\h\s[2]が~~~~ん。\e

†

aya_communicate.dicのOnCommunicate?の部分をそのまま置き換えてください。

OnCommunicate
{
    if reference2 == 'ECHO/1.0' {
       if '\![vanishbymyself]' !_in_ reference3 {
          //---拡張コミュニケート(受信)
          res_reference0 = reference0
          reference3
       }
    }
    elseif reference2 == 'JPRadish' {
       if ISFUNC("JPRadish_%(reference3)") {
          _script = EVAL("JPRadish_%(reference3)")
          if _script {
             _script
          }
       }
    }
    else {
       if reference0 == 'user' || reference0 == 'User' {
          //---- ユーザーからの話しかけ
          ReplyToUser
       }
       else {
          //---- ゴーストからの話しかけ
          ReplyToGhost
       }
    }
}
 
JPRadish_紹介
{
    if reference0 == 'Emily' {
       if 'いつもべたべたくっついてくる' _in_ reference1 {
          "\u\s[10]\h\s[2]が~~~~ん。\e"
       }
    }
}

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-13 (月) 11:49:28 (4305d)