その1 走る!滑る!転んで笑われる! †

どこぞのアニメの主題歌ですがまあ気にしないように。

文章の基本として、「起承転結」がありますね。

\h:今日は~~へ行ってきたよ。(起)
\u:ほほう。
\h:そしたら、お財布を忘れちゃって…(承)
\u:おいおい。
\h:しょうがないから、靴底に隠しておいた千円札を使ったんだ。(転)
\u:靴底!?
\h:ずいぶん前に隠したお札だったから、ぼろぼろになってて…店員さんに嫌な顔されちゃった。(結)
\u:そらそうだろ。

トークでこれをやるのは重要です。
でも、これに縛られると、いつの間にかテンポが悪いトークができあがります。*1 それに、ソロゴーストでは相槌が無い分、台詞回しがくどくなる恐れがあります。*2

そこで、すっきり爽やかに端折ってみます。

\h:買い物行ったのに、財布忘れちゃってさー。
\u:おいおい。
\h:たまたま靴底にあったお札使ったら、~~の店員さん怒ってた…
\u:当たり前だ。

短く書いただけじゃないか、って思いますよね。私もそう思います。
でも、普通の会話のように見えますよね?見えると思ってください。見えるんです。
起承転結を持たせる会話を短くすると、これぐらいになるんだ、と思ってください。

「こんなの俺でもやってるぞ、改めて何を言ってやがるボケがぁ」
確かに。とりあえず、この流れが一番最初から思い浮かべば、問題はありませんね。
では、次の部分しか浮かばなかった場合はどうすればいいのか。

\h:買い物に行ってきたんだよ。
\u:あっそ。

ものすごく素っ気ない会話です。
起→結。\hの振りを頭から潰してますね。
これじゃ面白くありません。
これを膨らませてみましょう。

\h:買い物に行ってきたんだよ。
\u:あっそ。
\h:冷たいなー。
\u:夏だからちょうど良いだろ?

買い物のトークと見せかけて、\uの態度をネタに持って行こうとしています。
もうすこし膨らませてみましょう。

\h:買い物に行ってきたんだよ。
\u:あっそ。
\h:冷たいなー。
\u:夏だからちょうど良いだろ?
\h:そーいう問題なの?
\u:じゃあどういう問題なんだよ。

逆に問いかけて、さらに進めます。

\h:買い物に行ってきたんだよ。
\u:あっそ。
\h:冷たいなー。
\u:夏だからちょうど良いだろ?
\h:そーいう問題なの?
\u:じゃあどういう問題なんだよ。
\h:現代文学における感情の起伏と、相方の態度の関係。
\u:意味が分からんわい!

はい、起承転結の完成です。

トークを作るには、取っ掛かりを見つけることが重要です。
それをどのように膨らませるかは、あなたのセンスにかかっています。

今回の結論:ネタの種を見つけよう。 †


*1 私の場合ですが。
*2 それを売りにするゴーストさんはたくさんいらっしゃるし、それもネタのうちですけど。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-01 (水) 21:04:12 (3555d)