ココとパンの設定的なもの

ネタバレするほど設定があるかわかりませんが、あるらしいです
某所で書いてくれと言われたんで書きます、はい。
切り替えトークの参考にでもしてください。

キャラクター

ココ

フルネーム:久喜 狐々(くき ここ)

桜野町?の裏山に住む狐の神様。
数百年前に久喜一族に桜花?(おうか)と名づけられた狐が、時を経て精霊となり、そして土地神となった。
彼女の役目は山に流れる力の流れの管理、外部からの悪意を退ける事だった。

だが、1996年3月に一人の少年を救うために自分の命を与え、桜花は死亡する事となる。
本来ならここで命を失い消滅するはずだったが、桜花自身が神だったためか、命を失う事は無かった、
が、変わりに体を持たないまま半霊体の状態で山を彷徨う事になる。

数年後、体を取り戻すが、
そこには桜花ではなく、記憶と力の殆どを失った小さなアニマ?がいるだけであった。

  • ゲーム本編- 2004年、人間と精霊の境目がもっとも薄くなる8月15日に久喜陽翔と出会った。
    彼は彼女に『ココ』という名前を付け、一緒に暮らすようになるが、
    1年後には桜花としての記憶を取り戻し、桜野山に戻る事になる。
  • ここまで-

  • ココ日記-
    2年の歳月をかけて山に流れる乱れた力を修正する。
    その途中、孤独を寂しがる気持ちを覚えたココは、使い魔として自分の分身パンを召喚する。
    乱れた力を修正し終えた2007年11月25日、ココは久喜陽翔の元へ戻るため山を出る。
  • ここまで-

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-02 (木) 20:20:30