Top/マニュアル/関数/FUNCDECL_WRITE
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

FUNCDECL_WRITE

形式

FUNCDECL_WRITE( variable_name , function_name )

機能

  • 変数の書き込み時に自動的に実行される関数を指定します。

引数

variable_name
変数名
function_name
実行される関数。空文字列 (''か"") 指定で解除。

指定する関数の呼び出し仕様

呼び出し
function_name(変数名,書き込むべき変数の値,書き込む前の変数の値)
_argv[0] = 変数名
_argv[1] = 書き込むべき変数の値(=の右側)
_argv[2] = 書き込む前の変数の値
返り値
実際に変数に書き込まれる変数の値(_argv[1]と異なっても良い)

返り値

  • 成功した場合、1
  • 失敗した場合、0

関連

バージョン

  • YAYA:Tc565-1