Top/マニュアル/関数/GETERRORLOG
  トップページへ   [ 一覧 | 検索 | 最終更新 ]   [ 差分 | バックアップ | 凍結 ]

GETERRORLOG

形式

GETERRORLOG()

機能

  • YAYA内部で起きたエラー・警告のログの配列を取得します。
    • エラーログの形式はデバッグツール「玉」やエラーログ機能で出力されるものと同じです。
    • 辞書エラーが起きた時の緊急時読み込み機能が作動した場合は、緊急時機能が動作する前のエラーログが維持されます。これを使用し、異常時にエラー出力ができます。

引数

  • なし

返り値

  • エラーログの文字列配列 (直近のエラーから20個まで)

関連

バージョン

  • Tc555-1

//form https://github.com/Taromati2
//free to copy/edit/use
//E:\ssp\ghost\Taromati2\ghost\master\dic\system\ERRORLOG.dic(17) : error E0041 : 'for'のループ式が異常です.
ErrorList.SPLIT{
	_L=SPLIT(RE_REPLACEEX(_argv[0],'\((\d+|-)\) : ',',$1,'),',',3)
	//("E:\ssp\ghost\Taromati2\ghost\master\dic\system\ERRORLOG.dic","17","error E0041 : 'for'のループ式が異常です.")
	_L[2]=SPLIT(RE_REPLACEEX(_L[2],' *([WEN])(\d+|-)( *: |:)',',$1,$2,'),',',4)
	//("E:\ssp\ghost\Taromati2\ghost\master\dic\system\ERRORLOG.dic","17","error","E","0041","'for'のループ式が異常です.")
	_L
}
ErrorList.Gene{
	ErrorList.filename=IARRAY
	ErrorList.linenum=IARRAY
	ErrorList.type=IARRAY
	ErrorList.typecode=IARRAY
	ErrorList.code=IARRAY
	ErrorList.Info=IARRAY

	_l=GETERRORLOG
	foreach _l;_i{
		_t=ErrorList.SPLIT(_i)
		ErrorList.filename,=_t[0]
		ErrorList.linenum,=TOINT(_t[1])
		ErrorList.type,=_t[2]
		ErrorList.typecode,=_t[3]
		ErrorList.code,=TOINT(_t[4])
		ErrorList.Info,=_t[5]
	}
}
ClearErrorListVar{
	ERASEALLVARBEGINAS('ErrorList.')
}